本を探す

カテゴリ選択

薬になる植物

薬になる植物

本体価格 700円+税

著者●難波 恒雄・久保 道徳 共著

サイズ●文庫サイズ

初版●1972年(昭和47)1月5日、1998年(平成10)3月1日重版

ISBN-13●978-4-586-50238-7

商品コード●H020230

書籍を購入

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • honto

オオバコ、センブリ、など日常利用されてきた野山の薬草200種を取り上げ、写真とともにその用い方と薬効を解説しています。
続編のカラーブックス(566)『身近な薬用植物』では薬草150種を取り上げ、薬草療法などについて解説しています。また、毒草については、カラーブックス(612)『毒のある植物』では、間違いやすい毒草の見分け方について解説しています。ご参考ください。

みなさまからのご感想をお待ちしております。
投稿いただいたメッセージは、内容を確認の上、本ページに掲載いたします。

[利用規約] 保育社・ブックレビューについて

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご意見・ご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版 物に転載させていただく場合がございます。
※ご意見・ご感想への返信はいたしておりません。悪しからずご了承下さい。
 ご質問・お問い合わせはこちらをご参照ください。
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。