本を探す

カテゴリ選択

狂言-鑑賞のために-

狂言-鑑賞のために-

本体価格 700円+税

著者●吉越 立雄・羽田 昶 共著

サイズ●文庫サイズ

初版●1974年(昭和49年)9月1日、1999年(平成11年)4月1日重版

ISBN-13●978-4-586-50302-5

商品コード●H020260

書籍を購入

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • honto

日本の伝統芸能の中でも狂言は600年以上上演されてきた笑いの芸術です。笑いだけでなく、中世の庶民の風俗や生き方・モラルが反映している文芸です。さらに、室町末期から江戸初期にかけての話し言葉を伝えているため、貴重な言語資料という役割もあります。
この本はそんな狂言の舞台とその見かたを写真とともに紹介した本です。狂言初心者が舞台を鑑賞する上で役立つようにやさしく解説してあります。

みなさまからのご感想をお待ちしております。
投稿いただいたメッセージは、内容を確認の上、本ページに掲載いたします。

[利用規約] 保育社・ブックレビューについて

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご意見・ご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版 物に転載させていただく場合がございます。
※ご意見・ご感想への返信はいたしておりません。悪しからずご了承下さい。
 ご質問・お問い合わせはこちらをご参照ください。
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。