本を探す

カテゴリ選択

海中探魚図鑑

海中探魚図鑑

本体価格 1,800円+税

著者●伊藤 勝敏 著

サイズ●四六判/オールカラー128ページ

ISBN-13●978-4-586-31308-2

商品コード●H010080

書籍を購入

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • honto

海中探魚図鑑

海の中では、サカナは見えなくて当たり前!
隠れている姿こそ、サカナの生きた姿です

実際の海中の写真から魚の姿を探す(=探魚<たんぎょ>)ことで、「本来の魚の姿」が学習できる!
《見つけにくさ》をレベルで表し、クイズ形式で紹介しています。
ハナタツ
藻場や八放サンゴにまぎれこみ、プランクトンなどを管状の口で吸いこむように食べる。オスの育児袋からふ化した幼魚を産む特異な習性がある。以前は「タツノオトシゴ」の名まえで親しまれていた。

見開きイメージ

見開きイメージ

<もくじ>

 1.風景に溶け込むサカナたち
 2.ほかの生きものに隠れて生きる
 3.「潜る」「なりすます」で、身を隠す
 4.近くで見るほどわからないサカナの姿
 5.昼と夜では大違い
 6.「目」の場所をごまかして身を守る
 7.みんなでいればこわくない!
 8.食うか、食われるか

特別対談収録!

「サカナは生きもののつながりのなかに隠れている」

伊藤勝敏(右)×荻野洸太郎(いおワールドかごしま水族館館長)



【著者プロフィール】
大阪生まれ。業界誌の出版社に勤務時代、海藻の写真を撮るため丹後半島の海に潜ったところ、その生物の多彩な姿と幻想的な海中世界に魅せられ、海中写真に取り組む。これも一つの生き方と思い、撮影を続けその姿を『どっこい生きてる、ゴミの中-たくましい海の魚たち-』『ウオヅラコレクション』(ともに2010年/保育社刊)にまとめた。

みなさまからのご感想をお待ちしております。
投稿いただいたメッセージは、内容を確認の上、本ページに掲載いたします。

[利用規約] 保育社・ブックレビューについて

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご意見・ご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版 物に転載させていただく場合がございます。
※ご意見・ご感想への返信はいたしておりません。悪しからずご了承下さい。
 ご質問・お問い合わせはこちらをご参照ください。
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。