本を探す

カテゴリ選択

64歳で死んでしまってもよいのですか

64歳で死んでしまってもよいのですか

本体価格 1,300円+税

著者●御供 泰治 著

サイズ●A5判/176ページ

初版●2011年

ISBN-13●978-4-586-08515-6

旧商品コード●H060010

書籍を購入

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • honto
『64歳で死んでしまってもよいのですか』

日本人男性の平均寿命「79歳」
「定年」を前にした64歳からの人生を健やかに生きるために……
内科医が「健康のためのダイエット」を提案!

ご存じですか?内臓年齢
●血糖値 ●血液 ●食生活 ●血圧
など、健康診断でわかる数値に著者独自のポイント(年齢)を加算して算出したものが「内臓年齢」

たとえば、<実年齢43歳>の男性の場合……
高血圧や糖尿病を患っていたり、その他さまざまな外的要因から+15歳の年齢加算。=「内臓年齢」58歳!

まだ若いと思っていても…
実際にはまだ先であろうという病気が、知らず知らずのうちに迫ってきているのです!

⇒そこで大事なのが「内臓ダイエット」!

こんな方にオススメ!

 ★30代~働き盛りの男女
 ★健康診断などで異常ありの人
 ★メタボ診断された人
 ★生活習慣に乱れがある人

≪目次(抜粋)≫
 1章:日常の食事と生活と意識を少し変えれば、内臓ダイエットはできます
 2章:あなたの「内臓ダイエット」のためのサポートガイド
 3章:健康な日々を過ごすとっておきの話
 巻末付録:やってみよう!どこでもできる内臓ダイエットトレーニング


【著者プロフィール】
医師。1938年山形県生まれ。名古屋市立大学医学部大学院修了。
現・名古屋市立大学看護学部名誉教授、愛知きわみ看護短期大学学長。
主な著書として『内臓年齢』『たとえで学ぶ免疫学』『看護師国家試験対策・デルカン』『デルカン先生の薬まるくん』『おもしろ看護血液学』(以上メディカ出版)、『内臓年齢からの警告』(講談社)など。

みなさまからのご感想をお待ちしております。
投稿いただいたメッセージは、内容を確認の上、本ページに掲載いたします。

[利用規約] 保育社・ブックレビューについて

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご意見・ご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版 物に転載させていただく場合がございます。
※ご意見・ご感想への返信はいたしておりません。悪しからずご了承下さい。
 ご質問・お問い合わせはこちらをご参照ください。
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。